ERCP Catheter
ERCPカテーテル

特長説明

シンプルながら必要な性能を包括したERCPカテーテル

内腔を広く肉厚を薄くしたカテーテルがガイドワイヤー装填状態でのスムーズな造影を可能にし、1ルーメンだからこその細い外径が高いコントロール性能を発揮。
構造はシンプルながらニーズに応える性能で効率よくストレスの少ない手技をサポートします。

スタイレット内臓

スタイレット内蔵型なので、煩雑になりがちなガイドワイヤーとスタイレットの入れ替え作業が生じません。

Yコネクター構造

手元にYコネクターを採用することで、ガイドワイヤーを挿入したままでの造影を可能としました。内部には逆流防止弁が組み込まれています。

広い内腔

通常よりも広い内腔とすることで、外径の細さはそのままに、ワイヤー挿入状態でのスムーズな造影を可能としました。優れた操作性と十分な造影能力を両立しています。

1ルーメン構造

ガイドワイヤーの同軸上を、カテーテルがしっかりと追従します。ガイドワイヤーを先行させて乳頭部を探る場合などでも、効果を発揮します。

異なる硬さと太さ

先端部から20㎝までは細く柔らかい仕上げ、それ以降は太く硬い仕上げとしました。この構造が起立台での抜群の操作性、そして十分な造影能力とプッシャビリティを共存させています。

※本製品(99130120211を除く)はオートクレーブ滅菌に対応しておりますが耐久性に優れた製品というわけではありません。製品消耗度合いに合わせて適宜交換が必要となります。

ラインナップ

tapered tip(autoclavable)

standard metal tip(autoclavable)

conical tip(autoclavable)

bottle-top metal tip(autoclavable)

tapered tip 250㎝(ロングファイバー対応) (disposable)

各種ダウンロード

  • カタログ
  • EANコード・薬事番号確認表